JEATec

社団TOPIX

2012.12.04「宮古市BLUE CHALLENGE PROJECT」を開始。

 2012年12月4日岩手県宮古市で官民が連携した新しい再生可能エネルギーの生産プラント建設を目指し、宮古市ブルーチャレンジプロジェクト協議会(会長=西村真名古屋大教授、副会長=山本正徳市長)を発足しました。協議会は、宮古市とトヨタ自動車、三井化学など民間企業12社が参加。震災復興と新たな宮古市の地域活性化を目指し、 木質バイオマス施設によって生み出される「電気/熱/燃料(水素エネルギー)」などを活用する取り組みです。発電施設で既に一般的となっている電機と熱を利用するコージェネレーション(熱併給発電)に加えて、次世代自動車の燃料となる水素を利用でき、商用利用では初の試みとなります。
当社団が宮古市と共同で事務局を務めます。
協議会のホームページはこちら


2012.09.04 第一回社員総会の開催

第一回社員総会が一般社団法人日本エコ・アグリテクノロジー事務所内にて開催されました。総会では、社団設立の経緯・目的やこれまでの活動経過などが報告され、いろいろな意見交換がなされました。


2012.08.10 JEATecHP公開

一般社団法人日本エコ・アグリテクノロジー(JEATec)の公式HPを公開致しました。


一般TOPIX

2014.06.24 平成26年度 花き振興セミナー開催

花き産業及び花き文化の振興を図るため、全国の花き関係者、地方自治体の方々等による「花き振興セミナー」が平成26年6月23日(月)午後1時より農林水産省 本館7階 講堂で開催された。本セミナーでは、花きの振興に関する法律、最新の花きをめぐる情勢、「国産花きイノベーション推進事業」を活用した地域における取組等が紹介された。


2014.06.24 スマートコミュニティJAPAN2014開催。

「スマートコミュニティJAPAN2014」が東京ビックサイトにて2014年6月18日(水)~20日(金)の3日間開催されました。 本イベントでは、スマートコミュニティ、バイオマス、次世代自動車、農業ビジネスに関する展示会やシンポジウム等が開催された。


2012.09.18 総合資源エネルギー調査会基本問題委員会第32回会合の開

日本のエネルギー政策等を審議する「総合資源エネルギー調査会基本問題委員会(委員長:新日本製鐵㈱代表取締役会長 三村明夫氏)第32回会合」が平成24年9月18日(月)午後7時より経済産業省本館地下2階の講堂で開催された。



一般社団法人日本エコ・アグリテクノロジー

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-3-8 平河町プラザ501


大きな地図で見る

TEL:03-6388-9343
FAX:03-6388-9352
E-mail:info@jeatec.or.jp

事業背景と目的

新しい6次産業ビジネスモデル 一般社団法人日本エコ・アグリテクノロジーは、環境、農業、 加工・流通分野に関連する日本が誇る技術の枠を融合させた、先進的な6次産業事業モデルの振興に関する活動を行い、それぞれの分野に関連する技術の更なる発展と、国内外への普及に貢献することを目的として設立しました。
 今、アジアをはじめ世界から、日本の環境分野、 農業分野、 流通加工分野における技術導入の強いニーズが寄せられており、 各国の重点政策としても位置づけられております。
 これまで、日本からはそれぞれの分野の技術が個別に輸出されるケースが多くみられましたが、 今後は、 複数技術をパッケージ化し国際競争力を強化していくことも必要であると考えます。
 また、 中小企業の技術輸出が適切かつ安全に行われるための、 取引条件整備と実現化のためのマネジメント機能が求められています。
 一般社団法人日本エコ・アグリテクノロジーは 「産官学分野における国内外の強力な人的ネットワークの構築をかかげ、 海外向け技術流通に関する正規ルートの確立と、日本独自の新しい6次産業ビジネスモデルの確立・普及を目指します。


JEATec組織図

JEATec組織図

Copyright © JEATec All rights Reserved.